FC2ブログ
2018/10/13

ラコート580mmの製作:完成

表板のセラックは通常の厚みで塗りました。側と裏板のタブノキはオスモ#3101を4回ほど塗り重ねました。これにて完成とします。ボディの形と中の構造はほぼラコートを再現していますが、ヘッドやブリッジは今風というかユーザーさんの好みでデザインしました。黒檀のブリッジはダブルホールです。白いバインディングはトラ杢入りの栃の木です。
さて、弦長580mmの音。Royal Classics(スペイン)の Romanticaという弦を張っていますが、この2月に作った630mmラコートによく似た妹のようで、古風でかわいらしい感じです。で、やはりこのギターでも半音ほど下げて調弦したほうが自分的には好きな音です。
MAR_4017_01.jpg MAR_4019_01.jpg 

コメント

非公開コメント