FC2ブログ
2018/02/01

ラコートタイプの製作(4)ブリッジ作り

形状はラコート氏のとは違いますが、当時の感じでデザインしました。黒檀を削り出しました。写真ではわかりにくいですがサドルの溝も彫ってあります。多少ずっしりするのでもう少し削ろうと思います、弦端をボディの中に入れてブリッジピンで留める方式になります。貝を嵌めた「ボタン」の作り方を以下に紹介します。
MRU_4413.jpg 
▼「ボタン」の作り方
①丸棒に黒檀片を瞬間接着剤で貼って木工旋盤で直径6mmの穴を彫ります
MRU_4404.jpg 
②その穴に貝を埋めて瞬間接着剤で接着してから
③黒檀の外径が9mmくらいになるまで削って
④貝の面を少し丸みをもたせながら全体をサンディングして、最後はコンパウンドで磨く(以上、旋盤を回しながら)
⑤先端の「ボタン」部分を手鋸で3mmくらいの厚みに切り落とします
MRU_4397.jpg  

コメント

非公開コメント