2017/07/26

ヘルマン・ハウザー1937年 セゴビアモデル

ハウザーの1937年といえばセゴビアが愛してやまなかったことで有名ですが、このギターの図面3枚が2004年に発売されたセゴビアのCDとセットになっています。ハウザーの図面はいくつか見たことがありますが、今回のものは実に真面目にスケッチされていて説得力とリアリティがあります。
彼はこの楽器で云わばクラシックギターのルネサンスを画策し、ついには成就させました。今もそれが原動力となってギター文化が継続していると個人的には思っています。
機会をはかってぜひ製作してみたいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント