2016/11/02

ギター製作教室(1)

クラシックギターの製作教室は久しぶりだ。今回は国内X社のキットの持ち込みである。すでに横板が曲げてあって、ネックもあらかた成型してあるタイプのもの。
表面板の厚みだしも終わったので、この日は力木の接着。キットの力木はご丁寧に断面半円に削ってあってスキャロップ削りまでしてある。「接着の際にはこれにボンドをつけてペットボトルなどで押さえなさい」とある。しかし、楽器として実用可能なものを作りたいので、その説明書きは無視してこの写真のように新たに力木を切り出してそれをいつもの方法で接着してもらった。力木の削り・成形は次回のお楽しみとなる。
 ▼写真:こちらの不安もよそに難なく作業されたIさん。

コメント

非公開コメント