2016/09/29

レンズの分解洗浄にトライ

お気に入りのSIGMAのAPO180mmマクロレンズだが、どうも画がモヤモヤしているので、レンズを明かりに透かしてみると内部がスリガラスのようになっていた! 20年の月日でカビが生えたようだ。これはほっとけないが、修理に出すのは癪だ。調べるとネットに前例があった。分解するには「カニ目レンチ(写真)」という工具を使うようだ。レンズをフィックスしている「リング」を回すのにこれが必要。さっそく取り寄せてレンズを解体 ・・・ くだんのスリガラスレンズは最後の最後に現れた。これを無水エタノールで思う存分ピッカピカに磨いた。なんと気持ちの良いことか! かくしてマクロレンズが蘇った。

MAR_2313.jpg

カニ目レンチの先を押し込む穴や切り欠きがないレンズなので、1.2mmのドリルビットでそれを穿ちました(ちょっと汗)。 
MAR_2272_006.jpg 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント