2006/10/13

これに集中

craftm_Torres.jpgこれからの半年、温湿度が低い期間はギター作りに専念することに決めている。工房でいうところのギターモード。
今シーズンのモチーフ、ここ数日熟考した結論は「アントニオ・デ・トーレス」。大きなテーマなので今シーズンで終わらないかもしれない。
あるだけの関連資料を引っぱり出して作戦を練っているが、それを勉強するだけでさらに数日はかかりそう。全くのフルコピーを作るか、はたまた自分の考えをどう入れ込むか? あるいはその両方? ということになると思う。

ところで、来年のホセ・ロマニリョスのスペインでの製作講習会を申し込んでいて、「近日中に資料を送るよ」ってメールが来た。これで採用されたのだろうか? 日本人がギターを作るっていうのは、スペイン人が三味線を作るようなものなので少なくとも現地の空気ぐらい吸ってこなけりゃと思っている。

コメント

非公開コメント