2014/12/25

CRM-A2の製作 (5)Topの振動波形

きょうは、年賀状のデザインにまず半日、そしてお預かりしている弊作アコギのナットの新作、弦高調整実施。
CRM-A2のほうは、ネックヘッドに黒檀のプレート貼り付けて乾燥待ち、そしてサウンドボードの力木削りを実施。このサウンドボードは、永年に及ぶ物理的強度の維持と音の繊細さ・深さ・上品さを併せ持つように目論んだものだ。これまでの経験から力木削り方次第で如何様にも・・と思っているのでおのずと気合が入る。
▼サウンドホール周囲の補強板は未だだが、このへんで振動波形を採ってみた。いつも使うバチとディジタルレコーダも写した。
PC250557.jpg

▼フーリエ解析による波形スペクトラム(フリーソフト)
減衰状況は良好、スペクトラムも特異なところがない、ピークは265Hz(CとC#の間)、余計な倍音が少ない板だ。
JPG.jpg

コメント

非公開コメント