2007/01/09

cool and/or beauty

私のギターに興味を持ってくれてる方から2枚のCDが届いた。なんと40曲以上もの自作自演集。曲ごとにいくつものクラシックギターや鉄弦アコースティックギターが出てきて楽しい。多重録音盤。なかにはちょっと上等なクルマが買えるほどのギターも登場する。すべて作者のコレクションだ。
どこかゴンチチを彷彿とさせるものもあるが、全体的に暖かくてシンプルでクール(暖かくてクールって変?)。かのメロディーメーカー:フランツ・シューベルトみたいですねと作者に賛辞をささげた。さらに感心したのは、歌詞がなくてギターだけなのに曲のタイトルと曲調がほんにドンピシャということ。これは特筆すべき素晴らしさである。

新しいギターのネックを作ながらり、昨日も今日も一日中そのCDをかけていた、。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント