2007/02/28

山廃仕込みの酒「金鼓」

父から受け継いだもののなかに酒がある。

自分が子供の頃から父が晩酌していた酒、それと同じものを呑んで自分も30年近くなる。もちろんそれ以外も喜んでいただくが、やっぱりいつものやつがいいと思う。

今日の地元新聞にその酒造メーカーの取材記事があった。「昔ながらの山廃仕込み」と題して、あの味の秘密をちょっと解説している。要は昔のように時間と労力をかけているということ。

コシの強い味わいと、一口飲めばわかる絶大なインパクト」とその酒を形容している。見事にドンピシャで自分の感覚と同じだ。記事を書いたライターの好きさかげんがよくわかる。
また「昔ながらの味わい」とも評していてこれもなんだか嬉しい。
ついでに言わせてもらえば、絶大なインパクトがあるのに、その気になればいくらでも・・・・・。

昔で言えば二級酒ゆえに値段も手頃。

熱燗もいいが、自分は真冬でもヒヤでやる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント