FC2ブログ

記事一覧

村治佳織さんからのプレゼント

ロマニリョスの工房で面白いものをみつけた。それは日本の鉋。寸八の立派な鉋。おびただしい数の洋カンナとは別の棚に大事そうにおいてあった。
その鉋をよく見ると鉛筆で何やらサインがしてあった。あっ、これは・・・
「そう、カオリ・ムラジがくれたんだよ。でも仕込み方がわからなくてサ」とマエストロが説明してくれた。
なんともウラヤマシイかぎりだ。

  右下の写真をクリックすると彼女直筆のメッセージが読めますよ。 

このほか、中屋の銘入りの本目立胴付き鋸も吊るしてあった。こちらのほうは、普段から愛用されているようで、「これがベストだよ」と嬉しそうに云ってくれた。さすがは世界に冠たる日本のノコギリ、それも本目立てとあっては言わずもがな。

kaori_to_Jose.jpg       kaori_chan_to_Jose.jpg

 ☆工房訪問のもようは、連載中の訪問記(WEBサイトのほう)で近日紹介します。
 

コメント

No title

そうですか、寸八に中屋の胴付がありましたか。前回余計な事を言ってしまいましたね。寸八の銘は画像では分かりませんが、
地金の湾曲した形から良い物と見受けます。

私なら仕込みをして上げたい所でしたが、
後で手直し出来ないと仕方がないですね。

先日のハンドサンダーの情報ありがとうございました。似たようなのを購入しようと思います。

次回の報告楽しみです。

No title

確かに上等そうな寸八でした。銘は忘れましたが、知らない名前でした。
ついでに日本の鑿もたくさんありました。

コメントの投稿

非公開コメント

アルバム

検索フォーム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: