2007/10/04

秋は木工

工房周辺の田園地帯、今頃まんじゅしゃげが満開だ。それも恐ろしいばかりに密集している。これを、だんご咲きという。

久しぶりの家具づくりも終えた。大きいので取り回しが大変だったがインレイ細工もあったりして十分楽しめた。ホワイトアッシュ材にオスモのオーク色。初めての試みだったけど、いい感じ。これなら喜んでもらえるだろう。甲板だけは耐久性も考えて2回塗った。2回目の前に細かめのペーパーで軽くサンディングしたら、おそろしくツルツルになった。やはりタモやナラより目が細かい。

さてお次に控えしはAruHarp。この楽器、すでに新聞、ラジオで取り上げられて巷でのウワサもチラホラ。来週のコンサートはTV収録もあるとか。
今度のAruHarpは、従来より1オクターブ低い設計だ。やはりアンサンブルでは低音域が不可欠とのことで。
ギターでいえば6弦3フレットのGを最低音とした。当然大きくなる。新しい試みはいつも面白い。またテンプレート作りからのスタートになるが。
11月から年末にかけてAruHarpは大忙しらしい。それにデビューできるように張りきります。

そのまたお次に控えしは? たぶん本業でしょう。これで今年も千秋楽。

コメント

非公開コメント

No title

アルハープが早くもTVデビューですか?反響が楽しみですね。ところで11月23日はどうなりますか?こちらも好評とのことで・・・。いい席がなくなりますよ。

No title

ホンマに残念やけど、その日は他に予定があって行けそうにありません。来年の定期までまたおあずけです。

No title

AruHarp、評価されて来て良かったですね。
次は1オクターブ低い物を作るそうですね。

知人の弦楽器制作者はヴァイオリン/ビオラ/チェロ/コントラバスなど数台を同じ丸太から作り出してそれでコンサートを開きたいと言っていました。想像するだけでわくわくしますね。

年内の製作スケジュールも決まって....
もう10月ですねもんね。

こちらは8ヶ月の空白を埋めるのに四苦八苦で、年内何回かのコンサートに行く以外は休みの計画無しです。

No title

ぜんぶ友木で楽器をそろえるって素晴らしいです。これで合奏したら絶対に合いますよね。

>年内何回かのコンサートに行く以外は休みの計画無しです。
お互い、ボチボチやりましょう。