2007/11/17

倍音が見えた

来年、少なくとも2回予定されている大きな製作展に向けて動きだした。
音作りのイメージが薄れないうちにということもあって、シグエンサで箱にしてきたギターをやっぱり仕上げて音を出すことにした。まあ、ひとつのデータにはなるだろう。

データといえば、知人に刺激を受けて「周波数解析」をはじめてみた。フリーのFFTスペクトラムソフトと手持ちの貼付け式ピックアップによって費用はゼロ。
ボーランドのCで組まれたこのソフト、この800MHzのノートパソコンでもCDと同じ分解能でサンプリングOKだ。これで弦音はもちろん、板のタップ音でも十分に分析できる。

具体的にれをどう活かすのかという課題もあるが、とりあえず板や胴の共鳴周波数と倍音列が見えるだけでもおおいに役立つ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いよいよ科学の目ですね。
分析結果もいつか発表して下さい。
楽しみにしていますので。
私も使用者側として,sound itを使った方法をいつか試みたいと思っています。
これにもスペクトル・アナライザーがついていますので…。
会場なんかでも,面白いものも見えます。
いろんな音がありますから。

No title

いよいよですね。
完成のおりには是非ともお伺いしますのでよろしくお願いします。

科学的手法も、どう活かすかにつきると思います。是非素晴らしいアイデアをだしてください。

No title

Totanさん、
いまのところ物差し感覚ですが、おもしろいですね。Totanさんの発表も楽しみにしています。

No title

HSPTさん、
わかりました。そのときはまたよろしくお願いします。