FC2ブログ

記事一覧

ギターの口輪作り(3):完成

きょうは母校・家具工芸科から5名の方が来房され、楽しい時を過ごしました。ちょうどこの口輪を作っている最中だったのでひとしきり講釈をさせてもらいました。

さて口輪ですが、内外周に細い棒を巻きます。
例によってサークルカッターで切り込みを入れてからトリマーとノミで溝を彫ります。
気をつかうのはサークルカッターの半径の設定。ここで失敗するとオシャカになりますので、別の板でチェックしてから行ないました。
そしてこの写真のように接着剤なしでリハーサルしてから本番に臨みます。
ちなみに棒は5本で、薄いのは0.5mmです。これらを余裕のない溝にうまく納める方法・・・・あるんです。

口輪内外周の埋め込み




完成です。馬蹄形頂部の空間には表面板の端っこを切って埋めています。
口輪全体を表面板面より0.何ミリかとびでるように作っているので、最後にツライチに均します。ドラムサンダーが適任です。
この写真の表面板は例の大台ケ原産のスプルースです。地板はブラックウォールナットです。

けっこう手間隙がかかりましたが、世の大御所のもの比べるとまだまだ序の口でしょう。
皆さん、お手持ちのギターの口輪を眺めてみて、あらためて製作者の思いを感じるのもいいかもしれませんね。

今後どこかで下の口輪を見かけとき、「あっ、これは!」と思っていただければ嬉しいです。

完成したギターの口輪

コメント

No title

これは… なんと美しい…
ウォルナットの背景が四角に収まったモチーフを見事に引き立てていますね。周辺の半ヘリンボーンも決まってますね。これも自作ですよね?
大台ケ原のスプルースの表面版も、どんな音がするのか楽しみです。
私のほうはロゼットはまだ埋め込みできません。年内もきびしいかも… がんばります。

No title

ヘリンボーンは既製品です。そのヘリンボーン、こうしてみるとちょっと油っこい感じもあるので、今度はもっと細くて鋭く尖った矢(そうトーレスみたいな)を作って巻こうかなと思っています。

話はとびますが、来年早々にでも例の打合せをしましょうね。

No title

いつも楽しく拝見させていただいてます。
新作の軽く、乾いた感じのイメージにぴったりのいい口輪ですね!

No title

アラモードさん、
ありがとうございます。
あの「ハカランダ」にも合うと思いませんか?

No title

このマーク、まるやまの「M」やね、、、

    「Y」にも見えるけど・・・

No title

吉村さん、
さすがに先輩、ばれましたね。
そのとおり「M」です。

コメントの投稿

非公開コメント

アルバム

検索フォーム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: