2008/01/14

ばらの騎士

BS-hの番組を連れ合いが録画してくれていた。昨年末のNHKホール、ドレスデン国立歌劇場だ。指揮をしているのはファビオ・ルイージ。われわれのお目当てはゾフィー役の森麻季。

ハイトーンの美しさは期待どおりだった。彼女はいきなりウワーッと発声しない。目的の音量になるまでほんの少しの間がある。これがなんとも僕には心地よい。対照的なのは主役格を演ずるバス歌手で、彼は演技も歌もたいへん上手だったが、声が低いのにやかましい印象を受けた。この刹那ともいうべき間は、ひょっとしたら日本歌謡の特徴かもしれない。ただ、ちょっとでも長すぎると演歌になってしまうし、極めてイヤラシくなる。
この発声法、管楽器の音の出方に似ている。ピアノやギターとは立ち上がりが違う。名手はタンギングが上手だ。特にフルートとか尺八ではこれだけで雲泥の差を感じる。

森麻季に話を戻すと、テレビ放送で聞いても他の立派な体格の歌手に比べてやはり声量の差は認めざるを得ない。あの大きなホール、フルオーケストラを挟んで後ろの席まで到達したのだろうか。
それはそれとしても素晴らしい芸を見せてもらった。

コメント

非公開コメント

No title

BSの方の録画が見られてよかったですね!
私はハイライトしか見られなくて、中盤のオクタヴィアンとゾフィーの場面がなくなっていたのが残念でした。きっとすばらしかったでしょうね。

No title

マロングレイスさん、

その場面、見ごたえも聴きごたえもありました。よかったですよ。
彼女は歌唱も魅力的ですが、かわいらしくて華がありますね。