2008/01/21

雪の日のアオサギ

一年に一回あるかないかの積雪日。ちょっと嬉しくなってカメラでいろいろパチパチ。
淡いブルーと乳白色の金剛山と葛城山もきれいだし、白い田んぼから頭を出している野菜をみるとなぜか子供の頃を思い出す。♪さぎりきーゆる・・・冬景色。

いつも来るアオサギ君が今朝も来ていた。雪の中に両足をつっこんでいるが、そんなことは全く無関心を装っている。
そういえばこのあたりでもすっかり野鳥の数や種類が増えたようだ。
先日、散歩していたとき川岸にカワセミをみつけた。それは青でもなく緑色でもなく、とにかく美しい色をしていた。昔の代官のヘルメットみたいな大きな頭をしている。何度も水面めがけてダイビングを試みるが、残念ながら獲物をくわえた姿を見ることは出来なかった。
カメラを持ってくるべきだったと悔やんだ。でもそのおかげで記憶にきっちり残っている。と思う。

雪のアオサギ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

条件を活かした上手なカットですね。
頭の三つ編様の後に延びた羽が可愛いです。
どのくらいの距離で撮りましたか?
こちらで見る白鷺は20mも近づけないです。

No title

ありがとうございます。三つ編みに気がついてもらって彼(彼女?)もうれしいでしょう。
4~50mぐらいでしょうか。手撮りズームですが、ブレ補正が効いてますね。