FC2ブログ

記事一覧

Lacote630⑤

本体塗装中。今回は全面シェラックニス塗装です。トップ板は無色シェラックのままですが、楓の裏横とヘッドはクチナシの実やラタニアの根をアルコールで煮出して作った染料を下塗りしました。駒は指板用の黒檀材から切り出しました。デザインはラコート氏のものを踏襲。白蝶貝を埋めたボタンは旋盤の代わりにインパクトドライバーにチャックして成形・研磨。...

続きを読む

Lacote630と杉650④

杉のギターは、ほぼ塗装も終わったので駒を接着。ラコートは指板の上面を削って調整してからその面にオイルとワックス塗装。また黒檀材でブリッジ作り開始。...

続きを読む

Lacote630と杉650③

杉ギターの塗装乾燥待ちの間に、Lacoteのほうは裏板をはってバインディングを巻いて、指板接着まできました。このLacote、裏・横板は欧州楓、バインディングはブラジル産ローズウッド。▼こちら杉650は、ほぼ塗装完了。あとは駒の接着。独特の杢目のバインディングはスネークウッド、横板・裏板はブラジル産ローズウッド。...

続きを読む

Lacote630と杉650②

杉のギター、表面板にはシェラックニス塗装中で、横板・裏板にはエポキシ樹脂で導管の目どめを始めました。マホガニーのネックにはパミスという石粉で目止めをしています。ラコートのほうは、ネックが形になってきたところです。棹材とヘッドの飾り板はトラ杢のメイプル。そして例のVジョイントでマホガニーのネックと棹を接合しています。▼今回、ギアー内蔵式の「木ペグ」にドイツ Wirttner社製のものを使います。...

続きを読む

アルバム

検索フォーム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: