2015/12/26

クラギTE8とアコギAC6の進捗:裏板接着

クラギTE8は、いつもの方法で裏板を接着しました。好きな光景なので毎度この写真を撮ってます。ちなみに、NOKTON25mmF0.95を使用。
PC260130.jpg

アコギAC6は、横板のライニングの切り欠き部に、裏板の横バーを載せる「棚」を設えるところです。それができれば上の写真のように裏板を接着できます。今回、裏板のセンターシームには栃のカーリー杢材を貼りました。TE8も同様です。
PC260137.jpg
スポンサーサイト
2015/12/17

クラギTE8とアコギAC6の進捗:組み立て開始

他用多めで亀のような進捗になってますが、慌てず騒がず。
両ギターとも仲良く組み立てに入りました。サウンドボードとして完成させた表面板を棹(さお:ネック)と合体させてそれを外型枠の中に固定してから、表面板と横板をくっつけます。その方法は下の写真のように小さな接着片をひとつずつ並べていくことによって成就します。このTE8、表面板はベイクドのドイツ松、サイド/バック材はハカランダです。ブレイシングはご覧のようにラティスです。
PC170004.jpg

▼スティール弦のウエスタンタイプのギター(AC6)も、私はこのようにスパニッシュ様式で組み立てます。アコギでこの方法を採るのは珍しいのですが、自分なりの理由があるのでそれを信じています。このギターのトップは強いハーゼルの出たジャーマンスプルース、サイド/バックはインディアンローズです。このギターも小さな接着片(ペオネスと呼ぶ)で横板をくっつけていきます。
PC170007.jpg

続きを読む

2015/12/16

愛のクリスマスライブ

先日13日の夜、JR奈良駅近くのミュージックステージPICKさんで開催しました。
私はアルトサクソフォンとリコーダー、
テナーウクレレが大西一司さん、アコギ弾き語りが大瀬良眞二さん。
この欄の最後にライブ動画もあります。

タイトルは 愛のクリスマスライブ でした

eDSCN1177.jpg

<自分の演奏曲 アルトサクソフォン + CDバック>

シューベルトのアヴェ・マリア、カッチーニのアヴェ・マリア

私を泣かせてください、懐かしい木陰/オンブラ・マイ・フ(ヘンデル)

また君に恋してる (坂本冬美)

ニュー・シネマ・パラダイスから愛のテーマ、シルヴィ・ヴァルタンの「あなたの虜

ロンドンデリーの歌、オネスティ、この素晴らしき世界(ルイ・アームストロング)

G線上のアリア、瞳をとじて

eDSCN1176.jpg

<大西一司さんのウクレレソロ>

ミスター・ロンリー (Bobby VintonThe Lettermen

聖夜 Silent Night 讃美歌 第109 、 荒れ野の果てに 讃美歌 第106

いつくしみ深き 讃美歌 第312番、主よみもとに近づかん 讃美歌320番

日曜はダメよ (1960年 ギリシャ同名映画の主題曲)

ちなみにウウレレはこれです。

eDSCN1166.jpg

<大瀬良眞二さんのギター弾き語り>
道標
時思う日々
(以上 詞・曲 大瀬良眞二)
このギターも製作教室での作品です。
eDSCN1172.jpg

<テナーウクレレ with アルトサクソフォン>

アヴェ・マリア (J.S.バッハ/シャルル・グノー)

クゥ・イポ・イカ・ヘエ・プエオネ (ハワイアンソング)

ママがサンタにキッスした

花は咲く

eDSCN1168.jpg


<大瀬良さん with リコーダー>

想い
道~未知
(以上 詞・曲 大瀬良眞二)
eDSCN1173.jpg

<会場にきてくれた同窓生らと>
eDSCN1180.jpg








自分のは録りそびれました(憾)