2015/10/28

弦楽器フェア2015でのギター試奏スケジュール

いよいよこの金土日の3日間、東京の九段の科学技術館で開催されます。気になる展示ギターの演奏順は以下のとおりです。当方のギターは最終日の最後近くに登場します。演奏は宮下祥子さんです。皆様のご来場を楽しみにお待ちしております。

----------------------------------

弦楽器フェアのプログラムと試奏ギター製作者をお知らせします。(敬称略)

(当日の演奏曲目、楽器製作者および演奏者が変更になる場合もございますので、ご了承ください。)

10月30日(金)

16:00~16:30 ギターミニコンサート
演奏者: 沖 仁(Gt)

・フエゴ(ブレリア)
・エスペランド(ロンデーニャ)
・ロミオとジュリエット(ファンダンゴ)
・禁じられた遊び(ブレリア)

10月31日(土)

14:00~14:30 ギター作品演奏
演奏者:松田 弦(Gt)

楽器製作者 会 員: 阿部康幸  今井勇一  大西達朗  黒澤哲郎  込山修一  
・J.S.バッハ:ヴァイオリン・ソナタ第3番より、ラルゴ、アレグロアッサイ
・G.ドロスト:アダージョ Op.44
・Q.シネシ:澄み切った空
・S.アサド:思い出
・D.ボグダノヴィッチ:ジャズソナチナ

14:45~15:15 ギター作品演奏 
演奏者:松田 弦(Gt)

楽器製作者 会 員:堤 謙光  寺町 誠  中山 修  矢木聡明  横尾俊佑
・G.ドロスト:アダージョ Op.44
・日本の歌:七つの子、ふるさと、
・日本の歌:赤とんぼ、
・M.de.ファリャ:粉屋の踊り
・M.C.テデスコ:ソナタ第2楽章、第4楽章

11月1日(日)

13:15~13:45 ギター作品演奏

演奏者:宮下祥子(Gt)

楽器製作者 会 員: 井内耕二  江崎秀行  小林一三  長崎祐一  福手栄二

14:00~14:30ギター作品演奏
演奏者:宮下祥子(Gt)
楽器製作者 会 員: 井上保人  黒澤澄雄  櫻井正毅  丸山利仁  横尾真人

*下記楽曲より楽器に合わせて選曲します。なお、当日の変更もあります。
・F.タレガ:アルハンブラ宮殿の想い出  
・F.タレガ:アラビア風奇想曲        
・J.S.バッハ/C.F.グノー/F.タレガ:アヴェ・マリア         
・I.アルベニス:アストゥリアス            
・H.ヴィラ=ロボス:プレリュード第1番        
・E.グラナドス:スペイン舞曲第5番「アンダルーサ」  
・J.K.メルツ:愛の歌               
・N.コスト:旅立ち               
・A.バリオス:大聖堂               
・横尾幸弘:さくらの主題による変奏曲




2015/10/19

クラギTE8の製作(1)材料選択

さあ、クラシックギター製作モードです。
このところの定番のようになっているラティスブレイシングのハカランダモデルです。
弦長は当工房のラティスモデルとしては初めての635mmで、トップ板は例のローストしたホットスプルースというご希望です。
写真は今回セレクトしたブラジリアンローズウッド(通称:ハカランダ)の裏板・横板セットです。指で叩くと備長炭のような金属的な音がします。向こうに見えているのはネックにするホンジュラスマホガニーです。
PA191746.jpg
2015/10/13

AC-5の進捗:張弦調整

塗装があがりました。今回、トップはシェラックですが、あとはニトロセルロースラッカーを吹きました。
ブリッジを付けてピン穴を加工して、糸巻を付けて、ナットとサドルをこしらえたので、いよいよ弦を張って調整する段階にきました。、
でもこのギター、左利き奏者仕様なので私には弾けないのがなんとも歯がゆいんです。

▼サイド/バックはご覧のインディアンローズですが、トップは大台ケ原産の35年もののスプルース(トウヒ)です。
PA131558.jpg

▼トップのスプルースはもともとは淡い褐色なんですが、シードラックというシェラックニスを塗るとこんな感じになりました。余談ですが、隣に吊ってあるのは、製作教室で取り組んでいるドイツ松とアフリカブラックウッドのテナーウクレレです。こちらは塗装を始めました。
PA131554.jpg
2015/10/10

弦楽器フェアのチケット差し上げます

弦楽器フェア2015に今年も出展します。
チケットが若干数ありますので欲しい方にお送りします。
お名前とご住所を明記のうえ、メール(nara_craftm@ybb.ne.jp)にてお知らせください。

当局のHP -->
 http://www.jsima.jp/fairinfo/fair2015/fairinfojp.html

PA101363.jpg

CCI20151010_00000.jpg

CCI20151010_00001.jpg
2015/10/07

アルハープ作り(9)完成!

桐製ケースには水性顔料で着色して、上塗りにオイルウレタンを摺り込みました。内面にブルーのフェルトを張ってから、蝶番とパッチン金具、それに持ち手をねじ止めすれば完成です。なお、蝶番は直角より少し開いたところからそれ以上開かないものを使いました。写真状態で「全開」です。
PA071164.jpg


▼裏側にユーザーさんがデザインした透かしを入れました。サウンドホールの効果を持たせています。裏板・横板はホンジュラスマホガニー。
PA071181.jpg

▼Aruのロゴはハカランダを切り抜いて貼りつけています。
PA071187.jpg


▼糸巻部はハードメイプル材の上にタブノキを重ねています。PA071183.jpg

22弦あります。ブリッジはタブノキ。
PA071184.jpg

▼写真、ちょっと遊んでみました。
PA071194.jpg