2014/12/31

Happy New_Year 2015

新年あけましておめでとうございます

2014年もおかげさまでつつがなく過ごすことができました。
本年も引き続きそうありたいと願ってやみません。
  
そのなかで something new なことにも挑戦しながら
楽しく前に進みたいと思っています。

2015_hpny.jpg
2014/12/28

年越しの夢

それは

工房のDと4Sです

もくろみどおり成就すれば

作業スペースが倍以上にひろがるほか

掃き溜めが 絶景に変わることによって

作業者をして さまざまな さまざまな

実にさまざまな効果を もたらしむこと必定

さても楽しみなことは

そこで生まれ出るものの姿かも

さて夢に向かって すでに行動を起こしてはみたが ・・・・

注) Dと4Sとは ・・ 断捨離と整理整頓清潔清掃
2014/12/25

CRM-A2の製作 (5)Topの振動波形

きょうは、年賀状のデザインにまず半日、そしてお預かりしている弊作アコギのナットの新作、弦高調整実施。
CRM-A2のほうは、ネックヘッドに黒檀のプレート貼り付けて乾燥待ち、そしてサウンドボードの力木削りを実施。このサウンドボードは、永年に及ぶ物理的強度の維持と音の繊細さ・深さ・上品さを併せ持つように目論んだものだ。これまでの経験から力木削り方次第で如何様にも・・と思っているのでおのずと気合が入る。
▼サウンドホール周囲の補強板は未だだが、このへんで振動波形を採ってみた。いつも使うバチとディジタルレコーダも写した。
PC250557.jpg

▼フーリエ解析による波形スペクトラム(フリーソフト)
減衰状況は良好、スペクトラムも特異なところがない、ピークは265Hz(CとC#の間)、余計な倍音が少ない板だ。
JPG.jpg
2014/12/19

CRM-A2の製作 (4)ブレイシングetc

Topの厚み調整後、力木を接着(ブレイシング)します。今回、自分が勝手に「ダブルX・クローズドラティス」と呼んでる当方オリジナルのブレイシングでおこないます。棒がクロスするところはすべて相欠きジョイントとなりますが、ここをきっちりするのが最大のポイントとこころえ、神経質なほどじっくり・慎重・確実におこないます。
PC190515.jpg

▼バックのマダガスカルローズウッドもはぎました。不定形の板だったので、クランプ(ハタガネ)を架ける所は中心線と並行に切り欠きました。
PC190523.jpg

▼ネックです。スカーフジョイントで「への字」にして、カーボンロッドとトラスロッドを埋め込みます。トラスロッドの上には写真に写っている板でフタをします。トラスロッドはいつも使う順反り/逆反りの両方に対応できるタイプです。
PC190534.jpg
2014/12/17

CRM-A2の製作 (3)ロゼッタ

ロゼッタ(口輪飾り)を入れます。できるだけシンプルに、というご指定でした。
幅8mm・深さ1.2mmほどの溝を掘って、この中に黒・白・茶色の細い木を一挙にはめ込みます。自分は写真の竹のヘラを使ってはめ込みます。竹ひごは「はめたものを、折らずに無事にはがす」ときに使います。使い方?想像してみてください。
▼本番まえのリハーサルです
PC160502.jpg

▼鉋とサンドペーパで出っぱりを直してツライチにすれば完了です
PC170508.jpg
2014/12/13

ワインラック付きファクス台(8) 納品

S様ご夫妻がA県からはるばる引き取りにみえました。納品の日はいつも緊張したり、ナーヴァスになったりします。気に入っていただけるかと懸念するからです。さて結果は、たいそう気に入っていただいたようで安堵しました。さらにうれしいことに、先日までの滞在先からのお土産ということで、とびっきりのボルドーをいただきました。なお、このワインの木箱も下から2番目の抽斗に使っています。
▼ギターなみの下地調整をしているのでスベスベですPC130372.jpg

PC130370.jpg
▼抽斗(ひきだし)のガタは皆無に近いですが、指一本で開閉可能です
PC130466.jpg

▼いただいたワインです。シャトー・トロタノアのポムロール2007年 飲み頃です!!3.jpg

▼シャトー・トロタノア(CHATEAU TROTANOY  1997年)が入っていた箱も使ってます
PC130389.jpg
2014/12/11

CRM-A2の製作 (2)Topのはぎ

タイトルを短くしました。CrmA-2とはCraftM Auditorium No.2 の略です。
Top板は通称ジャーマンスプルース(実際は、ドイツで製材された欧州産のスプルース)の製材後のシーズニング10年以上のものを使います。これを何セットか接いでみてイメージにあったものを選択します。写真はまさに接いでいる状態。シンプルですが確実な方法です。

▼白い板はテンプレート、右の茶色の板は今回使うマダガスカル産ローズウッドの側裏材
PC110364.jpg
2014/12/10

ええ天気でした

きょうは、この時期としては願ってもない日和でした。こんな日は、仕事より外に出る方を優先したいですね。デジカメを持って出ました。

▼モズ : 自分が一番好きな鳥かもしれません(工房裏で)
PC100254.jpg

▼こずえにとまりました。四頭身と嘴がかわいいですね。
PC100251.jpg

▼はるか向こうにいたツグミですが、こちらと目が合っていますPC100286.jpg

▼ちょっと車で甘樫の丘(あまかしのおか)へ移動 : 万葉集の舞台ですね
PC100358.jpg

▼自然豊かな明日香村ですが、高速道路みたいな道も上手く共存しています
PC100352.jpg

▼コゲラ君も難なくみつけられました
PC100343.jpg
2014/12/08

CRM-A2(Ori.オーディトリアムモデル2)(1) 設計

今年の家具モードも終焉を迎えた。その余韻と共に次作へのイメージ作り ・・ この遷移を味わうのがなんとも好きなのである。一方で、過ぎし日々を反芻し惜しむのも忘れない。温泉やリンパマッサージにお世話になるのもこの期間だ。
さて、つぎはスティール弦ギターに取り組む。ピックガードも付けない爪弾き専用のオーディトリアムモデルだ。もっぱらオープンチューニングで弾かれる。工房で演奏も少し拝聴した。それから感じたのは・・「後期印象派」。 おもしろくなりそうだ。写真は前作のオーディトリアムのサウンドボード。今回、奏者の演奏スタイルを思い浮かべながらこれをマイナーチェインジする。
craftm_AD_brcmp.JPG
2014/12/07

ワインラック付きファクス台(7) 塗装

先ずご希望色に着色します。和信の水性ポアステインシリーズの「オーク」を使いました。顔料系なので耐候性よくてミズナラの場合は経年変化も極めて良好です。原液では塗らず水で2~3倍に希釈して塗り重ねます。刷毛塗りして余剰をウエスでふき取るとムラなく仕上がります。写真は塗装中です。完全に乾いた後、今回はオイルウレタンで上塗りする予定です。
PC070738.jpg