fc2ブログ

記事一覧

吉野山のさくら

この春最後のさくらレポートは吉野山です。朝8時に到着しましたが駐車場はどこも満車寸前でした。花はほぼ満開、暖かく天気もよくて、ここ何年かでは最もタイミングが良かったと思います。久しぶりに上千本の水分神社までハイキングしました。▼蔵王堂の辺りをズームしてトリミング▼撮っていただきました ありがとう!▼上千本をさらに上ると、吉野水分(みくまり)神社があります中千本駐車場からここまで歩きました▼吉野山はシャ...

続きを読む

国産杉のギター:塗装3

ブリッジもPT-40で導管を埋めてからタンポ摺りで塗装します。その小さなタンポを写真に示します。シェラックニスと潤滑用のオリーブオイルも見えます。サックスやフルートの穴をふさぐ蓋の裏にはまっているものもタンポといいますが、そういえば構成が似ています。▼トレイにある青いのがタンポ...

続きを読む

国産杉のギター:塗装2

シェラックニスのタンポ摺り塗装は、難しいようで案外簡単だが、簡単なようで実はおそろしく難しい。極めてシンプルな故にその奥深さは楽器の音づくりをしのぐかもしれないほど。これを本末転倒とぼくは思わない。いづれにしても今の一生では足りそうもない。...

続きを読む

国産杉のギター:塗装

季節がよくなって他用が多くなりましたが、その間を縫うようにギター作りも行なっています。このギターも全面シェラックニスで仕上げます。表面板だけは写真のように既にタンポ摺りに入っています。ローズウッドのサイドとバック板はPT-40で目止め中で、マホガニーのネックもパミスで目止め中です。写真;縮小するのを忘れたのでおそろしく拡大します。...

続きを読む

南奈良のさくら

見ごろと晴天が重なったので仕事どころではありません。・4月2日の橿原市坊城の曽我川沿いのものすごい桜並木・4月3日の明日香村石舞台と橘寺のようすまずは曽我川のさくらをそして、蘇我馬子さんの明日香村石舞台そして、、、聖徳太子がここから法隆寺に通勤されたという橘寺...

続きを読む

国産杉のギター:ネック削り

ギター作りの中でもネック削りは楽しい作業です。子供のころからナイフでブーメランなどを作るのが好きでした。世界の銘木といわれるホンジュラスのマホガニーの削り心地は格別です。何種類かの刃物で成形して最後はスクレーパで均します。ヤスリ類は使いませんが、塗装直前にはサンドペーパで木地仕上げします。▼こんな刃物を使います 上から ・なまぞり (生反り あるいは ミニ槍鉋) ・左用の小刀 ・右用の小刀(玉鋼)...

続きを読む

アルバム

検索フォーム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: