2010/10/29

カフェ・ワゴンの納め

仕上げは柿渋カラーをかけて、その上にオイルを摺り込みました。
柿渋を塗ると木肌に毛羽立ちが生じてザラザラになりますが、
自分はまだサンディングしません。色落ちするからです。
そのあと、オイルを摺りこんで完全に乾いたら、#600以上で軽~く羽根でこするようにサンディングします。
そして、もう一回オイルを摺り込むと、上品なスベスベ感が得られます。

(なお、オイルとはosumoノーマルクリアーのことで、摺り込むとはタンポを使うことを意味します)

▼現地での納まりです 
  このアンティックな鋳物製ミルを置くことで、やっと作品が完結します
cafe_wgn1.jpg


▼ダブルリングのコーヒーミルは珍しい?!
cafe_wgn4.jpg

▼ご家紋を象嵌しました (オリジナルデザインだそうです)
cafe_wgn3.jpg








スポンサーサイト
2010/10/27

なつかしの1/5

あるお客さんにお作りした肘掛椅子が、ちょっとした修理のため工房に帰ってきました。
肘掛部(着脱OK)のパーツを新作して、ついでに柿渋カラーとオイルでお化粧もしました。

椅子の手前に写っているのは ・・・・ 携帯電話 ・・・ この椅子、1/5モデルなんです。
椅子製作の場合は本番品を作る前に「ひな形」を作ってあれこれチェックします。
本当は自分の手元に置きたいのですが、このひな型のようにたいていお客様が所望されます。まあそれも嬉しいことではありますが。

▼各所のバランスがちょっと??な感じにも見えますが、実はこれがミソ(ミスではない)なんです    ちなみに本番品は8脚作りました
craftm_15_chr.jpg



2010/10/23

背丈を越えた

発芽してもうすぐ3年になる例の糸杉ですが、この夏の暑さでぐっと伸びたようです。私の背丈だって越えてます。

cypres201010.jpg

前回の記録は ↓
2010/10/21

flickr 開設しました

我が師 Stephen Rees (英国のギター製作家) にならって開設してみました。
写真の整理にはなりますが、続くかな?

http://www.flickr.com/photos/maruyama-guitar/


ここにアップされているみなさんの写真、きれいなのがたくさんあります。
2010/10/20

一年の計はいずこへ

1.19世紀ギターをいくつか作る
2.10分ぐらいは人前で弾ける曲を
3.すべて内地産材のギターを作る
4.工房用/ギター練習用の椅子/スツール作り
5.家人要望の食卓作り
6.ショーベリータイプの工房用ワークベンチ作り

上は1月3日の日記で公言したものだが、みごとに何ひとつ実現していない。
ほぼ毎日工房に入ってゴゾゴソシコシコ、場合によってはコツコツやってきたのになあ。

家人要望の食卓だけはこの月末からスタートする予定。ひとつぐらいはクリアーせな。
そして勢いにのったところで、19世紀ギターにトライ♪

来年の目標は1つにしようっと。






2010/10/19

カフェ・ワゴンの進捗

ぼちぼち塗装にはいります。
何回か柿渋をかけてから、オスモでオイルフィニッシュします。

▼三段の抽斗(ひきだし)はお客様からの支給品  黒檀製の煙草盆の骨董です
CfWgn_pre_coat.jpg


2010/10/16

ギターとアンサンブル:本番!

きょうは、第8回秋の交流演奏会(主催:関西ギター愛好会、音楽工房)でした。
http://homepage3.nifty.com/jtps/concert/2010/20101016%20koryu/chirashi20101016.pdf

今回初エントリーです。
アルトサックスでHSPTさんのクラシックギターとアンサンブルです。

  ヘンデルの「私を泣かせてください」とバッハの「G線上のアリア」

音量のバランスを気にしながら・・・・・とはいっても最大でメゾフォルテぐらい出してました。
吹いてる本人にはギターの音がたいへん気持ちよく聞こえてました。

テンポがゆっくりでロングトーンが多い曲を小さ~い音でというのは、実はけっこうきついのです。
息が続かないのを何とか誤魔化しながら吹きましたが、最後のほうはバレたかも知れませんね。

あいかたのHSPTさんが録音をアップしてくれるそうなので楽しみです。

▼右:HSPTさん 例のトルナボスギターを使ってくれました
2010.10.16 at 京都市東部文化会館
 
 
 
2010/10/08

大陸のひと

は、違うなあ と いつも思う

俺私主義 排他性
それに比べて
陸に国境が無い人々の呑気さときたら

ノーベル平和賞 ・・
どちらもバリバリの大陸人
十万年たっても引き下がるまい

利害とか知能とかの問題ではない
 歴史がつくった染色体だろう

インターナショナルな場で
会談のときも撮影のときも
ただ一人を歯を出してるプライムミニスター
日本人を代表している

でも これでいい
2010/10/08

移ろひ

秋分の日がすんでキンモクセイも過ぎようとすると

いよいよ 「愁」 の季節になる

それを紛らわすために

食って 動いて

文化する

のか



2010/10/04

ちょっとアラブ風な

きょう、市の定期検診日でした。会社を辞めてからは毎年欠かさず受診しています。
バリウムを飲んだ日は毎度のことながら調子最悪です。もしチョイスできるなら胃カメラにしたいです。

腸に鉛が入ったみたいなので、きょうはパソコン仕事です。
下のCAD図は、いま製作中の 「カフェ・ワゴン」 の扉の意匠です。全体図は先日の日記で紹介しています。

     カフェ といえば アラブ やないか!! 

という発想で描いていくと・・・なんだかアルハンブラ宮殿の牢屋みたいになりました。

和洋折衷というより和回折衷?


Kndn_1004.jpg