2008/07/27

シーリK の製作記(その4)

いよいよ塗装です。
彩色は「お任せ」とのことなので、無色透明のセラックニスを使います。木は地色がいちばんきれいと思うからです。

いちばん下の弓型の黒い板に弦を止めるピンを差します。その上にある淡い茶色の棒は駒(ブリッジ)です。駒は撮影用に置いているだけです。最後に接着します。
両腕のてっぺんの丸い音符みたいな形をしたところに、あっと驚く意匠が最後に入ります。これがシーリKのシンボルです。


手前にあるコインみたいなのは木です。じつはこれが新開発の「タンポ芯」です。なかなかいいですよコレ(経験者以外は無視してください)。
このコインをウールとコットンで包んで塗装しています。

塗装中のシーリK




ネック部のクローズアップです。いっぱい穴がありますが、これにチューニングピンと弦掛けピン(ギターでいえばナット)を差します。
穴の並びがいわくありげですが、弦のテンションをできる限り適正にしたいためです。
シーリKのネック






のクローズアップです。実は2階建てになっています。よく見てください。材は国産イタヤカエデ。
この楽器は半音階で調律します。そこで弾きやすいように、ピアノでいえば白鍵と黒鍵に相当する弦の高さを変えています。
白鍵の弦は駒の上の切り込みに、黒鍵の弦は中腹に開いた穴に通します。

この楽器はグランドハープと同じ構え方をしますが、奏者は基本的には右手で白鍵弦、左手で黒鍵弦をつまびくことになります。
ネック部の弦掛けピンでの弦高さも同じように段違いになる仕掛けになっています。
シーリKのブリッジ
スポンサーサイト
2008/07/22

シーリKの製作記(3)

すでに側板を表面板にくっつけてあります。ギターのようにバインディングを巻かないので表面板と側板の隙間は許されません。

きょうは、側板にライニングを貼りつけました(写真)。ただ、洗濯バサミで隠れてそのライニング自体は見えません。

このあと、このライニングと側板の上面をいっしょに均して、凸面鏡みたいにふくらんだ裏板がぴたっと合わさるように調整します。
そしてめでたく裏板でフタができれば、もう塗装のための下地調整となります。


シーリKのライニング接着
2008/07/19

シーリKの製作記(2)

この楽器には200Kg近い弦の張力がかかるのでこのようにフレーム構造にしました。
でもできるだけ音の響きに悪影響しないように・・・ない知恵の絞りどころです。

たくさんのクランプを使って表面板にくっつけているのはボトムピース。後の工程で、表側からこれに向って25個の穴をあけます。
そしてその穴に弦を止めるピンを差し込むということになります。

白く見える表面板の裏側にはバスバー(力木)を7本貼っていて、板がよく響くようにその形を成型しています。
このへんはギターと同じで作者の個性のでるところです。
シーリKは、例のアルハープとは形も大きさも違うので、独自の味付けにしています。

さあ、どんな音がするんでしょうね。

シーリKボトムピースの接着
2008/07/17

カルガモ親子のその後

6月26日の日記で紹介したカルガモ親子のその後の様子です。
今朝6時ごろ撮りました。きょうはアオサギやコサギといっしょです。

もう巣立ち間近かでしょうか。親と見分けがつかないくらいです。
つい先日まで親から1mも離れられなかったのに、もうこのとおりめいめい行動しています。

この川でカモが育つようになったということが嬉しいです。

カルガモのその後
2008/07/16

『涼風コンサート』のお知らせ

とき  : 7月20日(日曜日) 14時から15時

ところ : けいはんな記念公園内 水景園観月楼地階

出演 : アンサンブルAruHarp

アルハープの体験コーナーもありますので、どうぞみなさんでお越しくださいませ。

                                  (私もA.SAXで参加します)

      詳細は ・・・ 
こちら です
2008/07/15

シーリKの製作記(1)

タイトルのシーリKとは新しい楽器の名前なんです。ただいま飛躍中のあの「アルハープ」にも似たリラ型のハープ。
注文者であるSKさんご自身のデザインで、弦数は25。

で、どんな形って?
それはこの製作記のなかで徐々にベールがはがされていきます。

今回はまだほとんど材料段階です。
 赤茶色の木はすべてホンジュラスマホガニー、
 カーブしている白い木はカエデ、
 白い広い板はスプルース  
です。なんだかフォークギターの材料みたいですね。
このほかに縞黒檀なども使います。

この先いかがあいなりますか。SK様もどうぞお楽しみに。

シーリKといいます
2008/07/08

640mmもレパートリーに

初挑戦の640mmギターに弦を張った。いつものように最初はプロアルテ・ノーマル。

ボディは650mm用なので最後まで心配していたが、幸いそれは払拭されたのでまずは一安心。
ちょっと鼻にかかったような19世紀ギターのような感じも想定の中にあったが、これも外れた。
モダンギターそのもの。
けっこう立ち上がりがスムーズでそのまますっと伸びるような音。
10mm短いことによる張りの物足りなさは、この弦では感じられない。

一番のメリットとされる、弾きやすさについて。
指をいっぱい拡げるような時は、ほほうなるほどと実感できる。やはり負担が少ない。
さらにご要望によって、ナットとブリッジ部での弦幅を狭く、また指板幅も狭くしているので、これまでの自分の楽器とはかなり感触が違う。手のひらの大きめの人には向かないかもしれない。
さて気に入っていただけるだろうか。

写真:
左が今回の640、右は650。
ブリッジの位置がほんのちょっと違います。
ちなみに総重量は、左1460g(松/ローズ) 右1510g(松/カエデ)

640vs650
2008/07/05

ありがとう LOOX

工房開始のときからずっとお世話になってきたものと、ついにお別れするときがやってきた。

それはこれを書いているノートパソコン、FMV-BIBLO LOOX T8/80 。
ネットを利用した広報活動では抜群の成果を挙げてくれたし、CADがないと何も作れない自分の最高のパートナーだった。

サラリーマンのときから使っているので7年以上になる。毎日数時間、酷使状態。ハードディスクの総回転数は地球に匹敵するかも!?
さすがにバッテリはもう上がってしまって3分と持たないし、キートップもはげて見えなかったりするが、トラブルや故障は皆無だったのが賞賛に値する。

30年前に公私ともどもよく遊んだマイコンのテンキーからはじまって、今に至るまでキーボードを叩かなかった日は数えるほどしかない、てな人は自分のほかにもけっこういるのではないだろうか。

さてこのたび、新作ハープの設計を始めるのにかこつけてパソコンを新調することに了承を得た。すでにディスクもパンク寸前だし。
量販店でちらっと見た最新ノートパソコンの液晶の大きくてきれいなこと!このB5サイズのTFTとは大違い。あれを見てしまった日にゃもうこの画面で老眼と競争しながらCAD(しかも3D)なんかできない。
仕様をみるとCPUは2GHzで主記憶が2GB、ディスクは250GB。なにもかもギガの世界なんだな。これが10万ちょっとというからなおびっくり。

今朝いちばんに、価格.com でいろいろ調べ上げてそのまま「買い物かご」へ。
LOOXや昔使ってたFM-11の実績から迷わずFMVにした。

2008/07/02

晴れたら晴れたで

朝から青空。暑くなりそうだが、この時期には願ってもない塗装日。
でもさすがに暑かった。室内は35℃。

「エアコン入れたらいいのに」
といわれるまでその存在を忘れていた。
今年はじめての冷房。10分もしないうちにえらく快適になった。
なぜかアントニオ(*)に申し訳けないような気もしながら、タンポをスリスリスリスリ。
ニスのアルコール分が面白いように気化する。3分もすれば指紋もつかないほどだ。
このぶんなら明日あたりはブリッジが付けらるかな。
                     
                                 (*) トーレスのこと

写真 : ニス、エタノール、タンポの容器と640mmのギター

se05_polishing