2015/01/03

BWV998

ことしはまずバッハの表題の曲に取り組もうと検索すると、運指付きの楽譜とそれに基づく動画の佳いお手本がありました。ほかにもこの奏者の編纂による楽譜が非常にたくさんアップされています。
使用するのは630mmのラプレヴォット。棹も細くて薄いので極めて左手にやさしいです。目方も1Kgそこそこ。弦はロイヤルクラシックスの「ロマンティカ」。半音以上低めに調弦しますが、音の張りは失われません。キンキン感もなく、なかなかいい弦です。
lpvt20140103.jpg

▼この先生です。youtubeのサイトに氏の楽譜集のリンクがはってあります。
2013/02/06

ラコート7弦との再会

2011年夏に納めたラコート7弦レプリカが、修理のため愛知県から持ち込まれました。
オリジナルに倣って、写真のような糸巻きを自作して取り付けたのですが、内部で半田溶接が外れたとのことでした。

修理が終わって弦を張って弾いてみると、グンと成長していることがよくわかりました。オーナーさんがいつも可愛がってくれていることの証しですね。すごく嬉しかったです。

そういえば今週末の茨木市のギター製作展に、オーナーさんがはるばる持って来てくれるそうです。

▼1弦用の糸巻きが外れていましたが、無事に治りました
craftm_Lchp_t.jpg


▼とっておきの美しいメイプルを使いました
番外7弦付きで、駒がバイオリン方式で、指板はRFという
当時(今でも)画期的な楽器でした
着脱式のトルナボスは、ぼくのアイデアです
craftm_Lchp_c1.jpg






2012/04/17

ラティスギターの製作:ペオネスは小さく

インドローズとハカランダの2台を併行で作っていたが、ローズの方は少々急がねばならないので組み立て工程からはこれに集中することにした。

表板に側板をくっつけるのに、今回は初めてソリッドのライニングでと思っていたが、その手法や治具を「開発」している時間が無いのでいつものようにペオネスにした。
そのかわり、ペオネスは昨年2台作ったラプレボットギターの経験からいつもより相当薄くした。

ここにきて、仕事以外の用事がたてこんできているが何とか今月中には塗装の前工程ぐらいまではいきたいと思っている。

craftm_lt_pns.jpg
2011/10/07

象牙の独立サドル装着レポ

先日の、のよりライブでマイミクのS先生に教えてもらった 「象牙独立サドル」 を試してみました。ギターはラプレヴォットのレプリカ(小さい方)です。一般的なモダンギターではありません、あしからず。

<音の感じ>
・全体的に角が取れて「まろやか」になった。音量は少し大きく(幅広く)なった感じはする。
・低音域の 「ボディの底を打ったような音」 がしなくなった。上記のことが起因?

<製作について>
・牛骨より削りやすくて細工しやすい
・短いのでサドル溝底との密着性を良くすることができる
・6つもあるので時間はかかるが、その後の弦高調整は容易
・象牙を木材に見立てた時の「木目」の方向でかなり音が変わる由
  おすすめは「木口側」に弦を載せる-単独サドルなのでこれが出来てしまう!
 
  (このことは、牛骨や黒檀のサドルでも同じかもしれません)

<結論>
・元の牛骨のサドルにはもう戻さずこのままにしておきます

ギターによって相性はあるかもしれませんし、好みもあると思いますが、交換できるパーツなので試す価値は十分あると思います。
 
大化けする可能性もあります。知り合いの製作家もシベリアの冷凍マンモスの象牙を使っています。

▼そのうちナットや糸巻きも象牙にするかも
craftm_Lp_ids.JPG
2011/08/19

ラコート7弦の製作-17 完了

ケースの金具が入荷するまで17日もかかりました。USAからなんですが、何も考えずに「航空郵便」と指定したのが間違いのようでした。
その金具が今日来ました。それをを付けて、ようやく完成です。
で、もう明日、お嫁に行ってしまいます。あぁ~。

この楽器、150年以上前の型ですが、材料は21世紀!!です。歳の頃なら18、9ってとこでしょうか。
初々しいのですが、もうじゅうぶんエレガントなんです。

舞台上での晴れ姿を楽しみにしたいと思います。

▼コフィンケースですね。総桐です。濃いめの渋めに着色してオイルウレタンをかけて
  ワックスで拭きました。パッチン金具は向こう側にも付いています。
craftm_Lchp_C0.jpg


▼内装はフェルト張り。ネックの下にちょっとした収納箱があります。
   ギターのサウンドホールに付いているトルナボスは着脱できます。
craftm_Lchp_c1.jpg