2015/10/07

アルハープ作り(9)完成!

桐製ケースには水性顔料で着色して、上塗りにオイルウレタンを摺り込みました。内面にブルーのフェルトを張ってから、蝶番とパッチン金具、それに持ち手をねじ止めすれば完成です。なお、蝶番は直角より少し開いたところからそれ以上開かないものを使いました。写真状態で「全開」です。
PA071164.jpg


▼裏側にユーザーさんがデザインした透かしを入れました。サウンドホールの効果を持たせています。裏板・横板はホンジュラスマホガニー。
PA071181.jpg

▼Aruのロゴはハカランダを切り抜いて貼りつけています。
PA071187.jpg


▼糸巻部はハードメイプル材の上にタブノキを重ねています。PA071183.jpg

22弦あります。ブリッジはタブノキ。
PA071184.jpg

▼写真、ちょっと遊んでみました。
PA071194.jpg
スポンサーサイト
2015/09/30

アルハープ作り(8)ケース作り

本体の方はあとブリッジを設置すれば完了ですが、今日はケース作りを始めました。軽さ優先で桐を使います。すべて桐箪笥用の柾材という豪華さです。
身の部分になる横板は四枚組継ぎで組みます。甲板と底板は写真奥のように3枚接(は)ぎにして(ビスケットジョイントしました)、これを横板に接着して密閉箱状態にします。そのあと、ノコギリで蓋と身に切り分けることになります。

P9300739.jpg
2015/09/28

アルハープ作り(7)弦掛けピン作り

楽器上部の棹(さお)のところで弦を掛ける(架ける?)ためのピンを作ります。材はアフリカローズウッドです。
いつものようにKS-200という旋盤を使って削りだして、回しながらサンディングしてツルツルにします。長さ25mm、直径4.7mm。

P9280408.jpg

▼サンディングしたら、オスモオイルを摺りこんでおきます。
P9280409.jpg

▼22本必要です。ふうっ。。。
P9280412.jpg
2015/09/21

アルハープ作り(6)塗装

塗料と塗り方はクラシックギターと同じく、シェラックニスのタンポ摺り仕上げ、所謂フレンチポリッシング。裏板と横板のマホガニーは導管の目止めを施しました。なお、今回選んだシェラックはほとんど原材料状態のシードラックです。ホンジュラスマホガニーは深さを増し、表のドイツ松は上品な黄色に発色します。
P9210343.jpg
2015/09/07

アルハープ作り(5)魂柱の効果

ヴァイオリンでは不可欠な「魂柱(こんちゅう)」をアルハープにも適用できないか実験してみました。この楽器はその背面も含めて全体から音が出てほしいからです。
写真の桧の棒が魂柱です。これを表板と裏板の間にわたすことによって、互いの振動往来を可能とします。以前、ギターでこの実験をしましたが結果はNGでした。そのとき推定した原因が、アルハープでは良い方向にいくのではとの期待からの実験です。
P9070710.jpg

▼自分用のアルハープが実験台です。このように表板の横バーと裏板の間に渡しました。手の届く範囲で棒の位置を変えてみましたが、中心より少し高音側がいい感じでした。どういう風にいい感じかというと、音が腰の高い位置からもっといえば脳天から発せられるようになりました。裏板も「サウンドボード」として加勢しているようです。また、散らばっていた音が一つにまとまって聞こえるような感じもあります。あたかも散らばっていたチリから星が誕生するかのようです。とくに中音から低音にかけてが顕著です。なので、つま弾きながら魂柱を外すと音のかたまりが分散して沈みこんでいくような変化を感じます。
P9070712.jpg


▼製作中の楽器(右側)とは形も音域も違うのでどうなるかはわかりませんが、魂柱を付けられるようにはしておこうと思います。

P9070721.jpg

▼順番は前後しますが、表板を接着している様子です。裏板ももう接着準備は完了していますが、雨天続きのためその作業に適さず、足止め状態です。
P9040348.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。