2009/07/18

きょうでお別れ

ハープリュートが今日旅立った。
日記を読み返えすと4月22日がスタートだった。
データといえば依頼者が撮ってくれた数枚の携帯の写真だけ。よく最後までこぎつけたものだとおもう。


今日が最後なのでちょっと自分で録音してみた。その姿をカミさんがビデオに撮ってくれた。
出来栄えはイマイチ、いやハシボウ(箸にも棒にも・・・)だが、自分にとっては佳い記録となろう。

往復で8時間もかけて引き取りにきてくれたK君、すでにあの楽器を構えた姿がカッコいい。
ギターでは真似のできないパフォーマンス。彼のこれからの展開を大いに期待したい。

2台目はたやすいか?
No、体力と精神力とモチベーションが全部 high でなければ不可能!
スポンサーサイト
2009/07/11

HarpLute製作(完結)

craftM_HL_Top.JPG 展示会での公開を終えて、

 ケースを仕上げて、

 詳細をHPにアップして、

 きょう 完 結 

 
2009/06/29

HarpLute製作(完成-1)

結局、製作期間7週間。これにケースが1週間でトータル2ケ月。「よう、こんな楽器作ったなぁ・・。」というのが偽らざる感想。


いよいよ弦を張る時が来た。新作のギターよりもドキドキ。いつもあんまり興味を示さないカミさんまで「どんな音がするのかしら」。

弦が14本、計算上100Kg近いテンションがブリッジにかかるので、ちょっと恐ろしさも混じる。

ハープリュートという名前からして、フレットのある6本はリュート調弦かもしれないがこれでは弾けないのでギターのそれにした。

あとの8本をどうするか? 弦を適当に選択すれば如何様にでもできるが、とりあえず「共鳴弦」というコンセプトでC-Cのダイアトニックスケールとした。

最低音のCはギター6弦のEの3度下ということになる。


能書きはこれくらいにして、試奏感はというと、

ざっくりいうと、現代のギターでもなければリュートでもないし、19世紀ギターでもない音。高音部は少し鼻にかかって古風だが明るい感じで、低音部はリュートに比べれば断然勇ましい。どことなくいつもの自分のギターの音色キャラが見え隠れするのが面白いというか、悪いことはできないというか。

ちなみにギター部の弦長は620mm、ハープ部は700~800mm。すべてギター用のナイロン弦を張っている。

週末からの「彩アート 文月展」で公開するので、みなさんの感想が楽しみだ。(ギターを弾ける方には試奏可能)


  (完成写真は展示会が終わってからアップします)

2009/06/19

HarpLute製作(その9)

今の時期、晴れれば塗装が早い。

アルコール溶媒のセラックはその典型で、タンポ摺り法ということも手伝ってほとんどインターバルなしで作業が続けられる。

ということで2日で一応完了。あとはころ合いをみて、磨きを兼ねてアルコールで表面のオリーブオイルを拭き取るだけだ。



次の工程はブリッジ(駒)の接着。

自分は塗装してから駒を付ける。先に付けてからタンポ塗装すると必ず駒の周囲が塗りムラになる。というか自分にはうまく塗れない。色付きセラックのときはなおさらだ。

なのできれいに仕上がるかわりに、塗装前に試奏してみて場合によっては表面板を薄くするといったようなことはできない。

「なんともいい雰囲気の塗りムラ」でタンポが摺れるようにならねばとは思っている。


さてその次は、ケース作り。

イメージとしては19世紀のギターに見られる木のケース。
たとえば下の写真。これはロマニリョスの工房で拝見したトーレスのギターとそのケース。
上下の蝶番の回転軸が一直線になるよう、うまく合わせるのがポイントだと、今わかった。
craftm_jrs20.jpg
2009/06/17

HarpLute製作(その8)

今日から塗装です。木に色をつけるのは好きではないので原色が基本です。
言うまでもありませんが、塗装は出来栄えと見栄えを大きく左右します。
ヘタをするとダイナシになる場合もあります。

塗る動作よりも、塗る前の下地処理のほうに十分気を遣っておくべきだと思っています。「塗るときにごまかそう」は100%逆の結果になります。

塗料はセラックニスで、ギターにならってサンダラックとマスティックを添加しています。セラック自体も精製度の違うものをいくつか塗り分けます。

今回、目止めが必要なところは、透明アクリルビーズを埋めました。

↓ 1回めの塗装を終えたところ
  きらきらしているヘッドプレートは「鹿子の木」です 楠の仲間ですね
HpLt_Kgnt.jpg




↓ 裏板です まだ「捨て塗り」の段階です
  依頼者様デザインのイニシャルを入れました エポキシ+木粉を「象嵌」しています
  まんなかの白丸は 「貝」 です 
    (頼まれれば、めったにNoとはいえず、たいがい引き受けてしまいます)
HpLt_intl.jpg