2018/06/02

ラコートの製作準備

2種類の色も木目も違ったスプルース(いずれも欧州産)を使う。ロゼッタを象嵌してシェラックニスで保護塗装をしておく。

ロゼッタは前作同様、いろいろな木片を嵌め込んでみた。これで自然色。
M19_9957_02.jpg
 
2018/05/21

ロマンチックギター用のペグ

19世紀ギターの糸巻き(ペグ)が欲しくて検索したら、ドイツとUSAの2社が見つかった。
まずはドイツのWittner社。ここはメトロノームの老舗でうちにも40年以上使用しているのがあるが、ヴァイオリンやチェロやギターのギヤー内蔵の糸巻きもつくっていたようだ。USAのものよりは高価だが軸に印刷されたロゴが信頼性を語っているような気もするので、予算次第では使ってみたい。

次はUSAのPegHedsの糸巻き。これは自分も過去にいくつか使ったことがある。今のところ何もトラブルはない。上のドイツ製よりは安い。この写真のツマミではなくてラコートタイプが欲しいのだが、在庫しているサイトがなかなか見つからない。読者の中で情報お持ちの方がおられたらよろしくお願いします。最近ますます値上がりしているようで、1万円台ではもう買えないようだ。
PegHeds-2.jpg

 
2018/05/18

京都府立植物園にて(5月17日)

久しぶりに写真の投稿です。運良く、今年の薔薇園は特にきれいでした。
M19_9218.jpg M19_9185.jpg M19_9204.jpg M19_9182.jpg M19_9171.jpg M19_9153.jpg M19_9141.jpg M19_9227.jpg M19_9245 - コピー M19_9131.jpg M19_9100.jpg M19_9295 - コピー M19_9304 - コピー M19_9272.jpg 

2018/05/04

ギターとチェンバロのアンサンブル

ことしも6月2日近鉄八木駅前のテーネ・ザールで開催されます。あの素晴らしい音響空間で10弦ギターとチェンバロの響きをお楽しみいただけます。今春完成した弊作19世紀ギターもほんの少し出番がある予定です。
当方にも若干チケットがありますので、ご入用の際はメール(nara_craftm@ybb.ne.jp)等でどうぞご連絡ください。
CCI20180504_00002 - コピー_044 
2018/04/26

ギターフェスタ inATC での演奏

フェスタで行われた「出展楽器でのコンサート」での録画です。
演奏者に掲載OKを頂きましたのでアップさせていただきます。
 奏者:徳永真一郎
 楽器:F.R.Lacote type(丸山作)
 曲目: François de Fossa. Premiere Fantasy, Op.5 in B-flat majorから